クラシック音楽誌を読もう~ピアノ

月刊誌から最新情報を!
ピアノ専門誌 3誌をご紹介

【月刊ピアノ】【月刊ショパン】【ムジカノーヴァ】

[ 音楽総合誌・音響]は こちら

[ 音楽誌 – 弦楽器・うた・教育誌 ]は こちら

[ 音楽誌 – 管楽器]は こちら

月刊 ピアノ

月刊ピアノ 表紙

 12月号 2019年11月20日発売 750円(税込)

【特集】
●体の使い方でピアノ演奏が劇的に変わる!
アレクサンダー・テクニークを知る

●贈りたい♡贈られたい☆
素敵なクリスマス&音楽グッズ

【収載楽曲】
●マンスリー・ピアノ・スコア・セレクション
・葵(あいみょん)/映画『空の青さを知る人よ』エンディング主題歌
・イエスタデイ(Official髭男dism)/映画『HELLO WORLD』主題歌
・Folktale(Mrs. GREEN APPLE)/SoftBank music project「月への階段」篇 TVCMソング
・麒麟の子(Sexy Zone)/映画×日本テレビ 深夜ドラマ×Hulu『ブラック校則』主題歌
●いつか必ず弾きたい とっておきの1曲
・白日(King Gnu)/日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌
●月ピPremium ! 上級アレンジで楽しむ極上のピアノ
・Lemon ~ジャズ・アレンジ~(米津 玄師)
●事務員Gの名曲タイムトリップ
・三日月(絢香)
●気軽に楽しむ!!かんたん弾き語り♪
・ガーネット(奥 華子)
●編集部オススメ!話題曲
・WISH(嵐)
●ゆるく!楽しく!!カッコよく!!!みんなのプチJAZZ
・『交響曲第九番』より「歓喜の歌」(ベートーヴェン)
●やさしくひける♪お・す・す・め初級アレンジ
・Everything(MISIA)
●連弾しましょ♪さらに楽しく&華やかに♪
・サンタが町にやってくる〔トリオ連弾3人4手〕
●アイLoveクラシック
・ひいらぎかざろう
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
・ジングルベル
全14曲

【付録】B6サイズの“特製2020年カレンダー”

【定価】750円(税込)【発売日】毎月20日【サイズ】B4判
お気に入りのJ-POP曲や、CM・映画で話題の曲など、ピアノで弾いてみたい曲の楽譜がいっぱい!毎号17曲前後、ソロ・連弾・ハ調のやさしいソロ…アレンジも多彩に楽しめます。ピアニストやアーティストのインタビュー、各種連載や講座ページ、音楽やミュージシャンがテーマの巻頭特集も。ヒットチャート曲の楽譜がいち早く掲載されるのが魅力。10代ピアノ女子の知名度が高い。
【創刊】1996年6月 【発行部数】20万部
公式HP】 【発行元】ヤマハミュージックメディア

ショパン(CHOPIN) 表紙
ショパン2019年12月号 990円

12月号 2019年11月17日発売 990円(税込)

Pianist Special Interview No.283 萩原麻未

【特集1】 新・ピアノのシゴトのカタチ
ピアニストYouTuber/ラウンジピアニスト/ピアノ教室運営/バレエピアニスト/高齢者施設ピアニスト
・ニソクのワラジのハナシ。
INTERVIEW 横山幸雄(イタリアンレストラン経営)
INTERVIEW 本田聖嗣(ラジオプレゼンター)
・他にもたくさん シゴトのカタチ
スタジオミュージシャン/セレモニーピアニスト/ブライダルピアニスト/コレペティトール
・編集部アフタートーク

【特集2】 ピアノトパトロン
・パトロンの歴史■萩谷由喜子
・音楽家たちの夢とパトロン■高久暁
・実は根深い!? 芸術家とお金の問題■高久暁
・クラウドファンディング――あなたもパトロンに――
INTERVIEW 株式会社CAMPFIRE
・クラウドファンディング成功例

【連載】
・世界のコンクール便り Vol.77◾アーリンク明美
バルトーク・ワールドコンペティション&フェスティバル(ピアノコンクール)
・聴いてみませんか? 弾いてみませんか?
女性作曲家作品あれこれ■宮﨑貴子
第32回 《即興曲「ウィーンの思い出」》作品9&《スケルツォ》作品10
クララ・ヴィーク=シューマン Clara Wieck-Schumann
・巨匠の背中 第17回 復活劇の裏側■松尾治樹
・斎藤雅広の「お江戸で連談!」Vol.63曽根麻矢子
・アフロのピアノレッスン~やめてしまったピアノを大人になってもう一度~
第24回 「心の置きどころ」に四苦八苦(発表会その3)◾稲垣えみ子
・世紀を飾るプロフェッショナルの肖像■上地隆裕
至福の音を作り続けるヴァーチュオーソ(VIRTUOSO)たちの光と影(沖縄からの音楽通信)
第18回 ギャリック・オールソン 後編
・ぷらっとほーる ■鬼木玲子
第84回 四日市市文化会館
・現役最高齢ピアニスト室井摩耶子エッセイ ピアニストの呟き■室井摩耶子
第72回 彷徨

【定価】860円【発売日】毎月18日【サイズ】B5変
ピアノ学習者、音大生、教師、愛好者、演奏家を対象にしたピアノの専門誌。学習に必要な知識、内外のピアニスト、コンサート、音楽界各分野の情報、レクチャー、メソッドなどを掲載。
【創刊】1983年12月【発行部数】7万部
公式HP】【発行由来】【発売元】ハンナ
ムジガノーヴァ

ムジカノーヴァ 表紙

12月号 2019年11月20日発売 922円

【特集】生誕250周年 子どもと親しむベートーヴェン
◆ものがたりでたどる ベートーヴェンの人生
名曲アルバム、人生年表付き(新井鷗子)
来年2020年はベートーヴェン生誕250年の記念の年。音楽界はベートーヴェンの誕生祝で盛り上がります。そこで本誌でも、一足先にベートーヴェンと改めて仲良くなれる特集を企画しました。
巻頭では、「題名のない音楽会」など、数々の音楽番組や演奏会を手掛けてきた大人気の構成作家・新井鷗子さんに、ベートーヴェンの人生をものがたり形式でご紹介いただきました。小学校3年生以上で習う漢字にはルビ付き。

◆スペシャル対談 小山実稚恵(ピアニスト)×平野 昭(音楽学者)
こういうベートーヴェンもあるんだ!~もっと親しむために知っておきたいこと(長井進之介)
今年の6月に『ベートーヴェンとピアノ』を出版したピアニストの小山実稚恵さんと、ベートーヴェン研究家の平野昭さんのスペシャル対談が実現!ソナタに入る前に知っておきたい曲や、変奏の名手というベートーヴェンの重要な側面、研究の進化とエディションについてなど、ベートーヴェン研究・演奏の最前線を知る貴重な対談となりました。お二人が推薦する「ソナタの前に弾きたい魅力的な小品、おすすめの変奏曲」一覧は、指導にもお役立ち間違いなし!
◆ベートーヴェンを知るのに欠かせない
子どもと学ぶ「ソナタ形式」(髙橋千佳子)
ベートーヴェンを知るのに欠かせないソナタ形式について、はじめて学ぶ子どもたちにもイメージしやすいよう、子どもたちの生活に身近な例を挙げながら解説します。

【今月の1曲】
プロコフィエフ《タランテラ》
【今月の1曲 連動企画】
◆誌上講座① アナリーゼ(壺井一歩)
スリルあふれる躍動と上下行、劇的な転調など、
大人も楽しめる仕掛けが散りばめられた小曲
この曲のA部分の、手品のように鮮やかな転調や音域の移り変わり、A部分とB部分の違い、Codaの効果的な手法などを、ひと目で把握できるような図や譜例を用いて、やさしく解説します。

◆誌上講座② 演奏・指導法(上野優子)
舞曲のテンポとアーティキュレーションに気をつけて
皮肉や遊び心を表現してみましょう
ピアノリサイタル「プロコフィエフ・ソナタ全曲シリーズ」を展開中のピアニスト、上野優子さんに、この曲全体の書き込み楽譜とともに、プロコフィエフならではの演奏表現について、詳しく教えていただきました。

◆今月の1曲 豆知識
今月の1曲にまつわる豆知識を、譜例を用いながら解説します。
◆練習課題① ソルフェージュ(伊東光介)
「今月の1曲」の演奏をより豊かなものにするためのソルフェージュ。今回は、舞曲のリズムや拍子に慣れる課題を掲載しました。
◆練習課題② エチュード(根津栄子)
「今月の1曲」を演奏する際に必要となるテクニックを身に付けるためのエチュード集。 三連符のリズム変奏の練習法、和音の響きの変化を感じながら弾く練習、左手の跳躍の練習法を掲載しました。

【定価】922円【発売日】毎月20日【総ページ数】約128ページ
ピアノ指導者と学習者のための月刊誌。指導現場で役立つドリルや楽譜などの教材ページの充実ピアノの指導法・演奏技術に関する注目企画、音楽教育界の最新事情。また、すぐに使えるドリルやプリント、楽譜、とじ込み付録もついている「ピアノを教える人、学ぶ人」を応援する月刊誌。
読者の8割がピアノ指導者で、同じ音楽之友社発行の「レコード芸術」は読者の97%以上が男性に対して、本誌の読者は97%が女性。
【創刊】1970年 【発行部数】6.5万部
【 公式HP 】【公式Twitter
【発行元】音楽之友社 【 オントモ・ヴィレッジ 】

クラシック音楽情報Luck

関連記事

  1. クラシック音楽誌を読もう【 総合誌・音響機器専門誌 】

  2. クラシック音楽誌を読もう~管楽器

  3. クラシック音楽誌を読もう~弦楽器・うたとオペラ・教育誌ほか

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!