【ピアニスト(2001)】-音楽を題材にしたフィクション映画

ピアニスト

[原題]La Pianiste
[監督・脚本]ミヒャエル・ハネケ
[原作]エルフリーデ・イェリネク
[音楽]フランシス・ヘインズ
[製作総指揮]イヴォン・クレン
クリスティーヌ・ゴズラン/ミヒャエル・カッツ
[製作]ファイト・ハイドゥシュカ
[撮影]クリスチャン・ベルジェ
[編集]モニカ・ヴィッリ
ナディーヌ・ミューズ
[出演]イザベル・ユペール
ブノワ・マジメル/アニー・ジラルド
[製作年]2001年
[製作国]フランス
[上映時間]132分
[ジャンル]ドラマ


ピアニスト

性的趣味をもつ中年女性と、そうとは知らずに近づいてきたハンサムな青年の恋。シューベルト、ショパン、ブラームスの美しい調べにのせて描かれる屈折した愛の形。2001年カンヌ映画祭でグランプリ、最優秀主演女優賞(イザベル・ユペール)、主演男優賞(ブノワ・マジメル)を受賞。

エリカ(イザベル・ユペール)は、父を亡くしてから、厳格で過干渉な母(アニー・ジラルド)に育てられる。母の夢だったコンサートピアニストになることができず、ウィーンの国立音楽院のピアノ教授として働く39歳となっても、流行の服も恋愛も許されず母と二人暮らし。病的なのぞき趣味とマゾヒズムの世界に生きるしかなかった彼女の前に、若くて美しい工学部の学生ワルター(ブノワ・マジメル)が生徒として現れ執拗に求愛する・・・。

音楽を題材にした洋画‐フィクション一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【フランス組曲(2014)】-音楽を題材にしたフィクション映画

  2. 【コーラス(2004)】-音楽を題材にしたフィクション映画

  3. 【マッド・フィンガーズ(1978)】‐音楽を題材にしたフィクション映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!