【グランドピアノ 狙われた黒鍵(2013)】-音楽を題材にしたフィクション映画

グランドピアノ 狙われた黒鍵

[原題]Grand Piano
[監督]エウヘニオ・ミラ
[脚本]デイミアン・チャゼル
[音楽]ビクトル・レイェス
[衣装]パトリシア・モネ
[製作]エイドリアン・グエラ/ロドリゴ・コルテス
[撮影]ウナクス・メンディア
[美術]ハビエル・アルバリーニョ
[編集]ホセ・ルイス・ロメウ
[出演]イライジャ・ウッド
ジョン・キューザック/ケリー・ビシェ
[製作年]2013年
[製作国]スペイン
[上映時間]91分
[ジャンル]ドラマ


グランドピアノ~狙われた黒鍵~(字幕版)

コンサートの最中に「演奏を間違えれば殺す」とスナイパーから命を狙われる若き天才ピアニストの運命を描くサスペンス。

若き天才ピアニストと謳われていたが過去の失敗からステージ恐怖症に陥り、演奏から遠ざかっていたトム(イライジャ・ウッド)。彼の恩師パトリックの追悼コンサートが行われることになり、世界的な人気女優である妻エマ(ケリー・ビシェ)に背中を押され、5年ぶりに表舞台へ復帰することになる。
ホールは4000人の観客で埋め尽くされ、友人のカップル、アシュリー(タムシン・エガートン)とウェイン(アレン・リーチ)の姿もあった。トムは意を決して指揮者ノーマン(ドン・マクマナス)とオーケストラが待つステージへ。
演奏会には音楽界の奇才と呼ばれた恩師パトリックが遺したベーゼンドルファー社製の名器インペリアルが用意された。演奏が始まり、譜面をめくるとそこには「一音でも間違えたら、お前を殺す」というメッセージが記され、会場に潜む謎のスナイパーが自分をとらえていることを知り動揺するトム。
脅迫に従い、パトリックが作曲した「ラ・シンケッテ」の演奏に挑むことに。この曲は世界中でパトリックとトム以外には演奏不可能と言われ、ステージ恐怖症に陥ったトムのトラウマとなった難曲だった。
いわくつきのグランドピアノと旋律に隠された謎・・・。

劇中で主人公トムが命がけで演奏に挑む難曲『ラ・シンケッテ』の作曲者は、音楽家としても活躍する本作品の監督、エウヘニオ・ミラ。

音楽を題材にした洋画-フィクション一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn</p

関連記事

  1. 【コンペティション(1980)】‐音楽を題材にしたフィクション映画

  2. 【アマデウス(1984)】‐音楽を題材にしたノンフィクション映画

  3. 【愛と哀しみのボレロ(1981)】-音楽を題材にしたノンフィクション映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!