【のだめカンタービレ 最終章(2009,2010)】

のだめカンタービレ 最終章 前編(2009)

[監督]武内 英樹
[原作]二ノ宮 知子
[製作]亀山 千広
[脚本]衛藤 凛
[撮影]山本 英夫
[演奏]のだめオーケストラ、飯森 範親(指揮)
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ズデニェク・マーカル(指揮)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、大友直人(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団
ラン・ラン(のだめピアノ)
[出演]上野 樹里、玉木 宏、瑛太、水川 あさみ、竹中 直人
[上映時間]121分
[ジャンル]ドラマ。


のだめカンタービレ 最終楽章 前編 スタンダード・エディション [DVD]

人気コミックをフジテレビがドラマ化し、大ヒットした続編映画。

のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

指揮コンクールで優勝した千秋(玉木宏)は、シュトレーゼマン(竹中直人)がかつて音楽監督を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となることに。しかし老舗のオケにもかかわらず、資金不足のため、リハもままならず、多くの団員が辞めていき、公演も観客が集まらず、悪循環が続く上、コンサートマスターのシモンは千秋に非協力的で、千秋は失意のどん底に……。
一方、のだめ(上野樹里)は、パリコンセルヴァトワール(音楽学校)の進級試験を控え、練習に励む毎日。
千秋はボロオケを立て直すことができるのか?

そして、すれ違い始めた二人の恋の行方は……。

キャッチコピーは
「この冬、映画館がコンサートホールに変わる。」「待っててくださいね先輩。今すぐ追い付きますから。」

[公式HP]

のだめカンタービレ 最終楽章 後編(2010)

[上映時間]123分
スタッフ、キャストは全編と同じ


のだめカンタービレ 最終楽章 後編 スタンダード・エディション [DVD]

のだめと千秋は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。のだめは千秋に追いつこうと、ピアノレッスンに励む日々。千秋の元にピアニストの孫Rui(山田優)との共演話が持ちあがる。演奏曲ラヴェルの「ピアノ協奏曲ト短調」は、のだめが千秋との演奏を熱望した曲だった。二人の演奏はのだめの想像を絶する素晴らしいもので、のだめは激しく落ち込む。そして、のだめにシュトレーゼン(竹中直人)からショパン「ピアノ協奏曲」の協演の話がもちかけられる。

キャッチコピーは
「さらば、のだめ」「先輩、お別れデス。」

[公式HP]

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【さよならドビュッシー(2013)】‐ 音楽を題材にした映画

  2. 【名探偵コナン 戦慄の楽譜(2008)】- 音楽を題材にした映画

  3. 【羊と鋼の森(2018)】- 音楽を題材にした映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!