7月16日1858年【E.イザイ】

クラシック音楽情報

音楽家の誕生日 一覧

ウジェーヌ=オーギュスト・イザイ
Eugène-Auguste Ysaÿe

[ ヴァイオリニスト・作曲家・指揮者 / ベルギー ]
1858年7月16日-1931年5月12日 72歳没

5歳の頃からヴァイオリニストであった父親にヴァイオリンの指導を受け、1865年リエージュ音楽院に進み、アンリ・ヴュータン、デジレ・ヘインベルクに学ぶ。
1869年同院を離れ,1872年に復学。1879年には、奨学金を得てパリへ留学。ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のの前身であるでビルス管弦楽団(Bilse Orchestra)のコンサート・マスターとして、またアントン・ルビンシュタインの援助を受け行った、スカンジナビア、ロシア、ハンガリーにおける演奏活動により名声を高めた。この時期、ヨーゼフ・ヨアヒム、クララ・シューマン、フランツ・リスト、アントン・ルビンシュタインなどと交流し、A・ルビンシュタインとは後に共に演奏活動を行うことになる。

彼に献呈された、フランス系のヴァイオリンソナタの最高傑作といわれるセザール・フランク作曲「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」(1886)をはじめ、ルクー「ヴァイオリン・ソナタ」、ショーソン「詩曲」、ドビュッシーやダンディの「弦楽四重奏曲」など、多くの同時代人の作品を初演した。
1886年「イザイ弦楽四重奏団」を設立し、同年にはヴュータンの後任としてブリュッセル音楽院教授を務め(~1898年)、多くのヴァイオリニストを育てた。ロイヤル・コート・オブ・ベルギウム館長、1895年にはコンセール・イザイ管弦楽協会を創設、同年プーニョと二重奏団を結成、1918年にはシンシナティ交響楽団で指揮者を務めるなど活動する。

オペラや協奏曲、小品など多数の作品を残している。代表作は「無伴奏ヴァイオリンソナタ 作品27」(1924)。使用楽器はグァルネリ1740年製デル・ジェズ「イザイ」。楽器の中には小さなラベルが貼られ、赤いインクで「このデル・ジェズは私の生涯を通じて忠実なパートナーだった。イザイ1928」とフランス語で書かれている。彼の国葬で棺の前をクッションに乗せて運ばれた。
1931年5月12日ブリュッセルにて死去。

没後の1937年からイザイを記念して開催された「イザイ国際コンクール」は、ヴァイオリニストの登竜門「エリザベート王妃国際音楽コンクール」の前身となった。

イザイの栄光

1912年から1914年にかけてニューヨークでコロンビア・レーベルのために吹き込んだ、自作自演2曲を含むアコースティック録音全15曲を収録。1919年にシンシナティ交響楽団を指揮して吹き込んだオーケストラ曲4曲含む。


イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ

桐朋学園在学中から教授アシスタントを務め、首席で卒業した1985年生まれの松田理奈が2010年リリース。

[関連サイト]日本イザイ協会

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 12月10日1822年【C.フランク】

  2. 4月14日1978年【村治 香織】

  3. 4月7日1970年【L.O.アンスネス】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!