9月1日1994年【反田 恭平】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

反田 恭平
そりた きょうへい

[ピアニスト/日本]
1994年9月1日 - 28歳

レーベルを立ち上げたり、画期的な企画を実行し、演奏技術も確かな年齢以上の実績で人気の高いピアニスト。指揮者として、また実業家としても活動。2021年第18回ショパン国際ピアノコンクールで日本人として半世紀ぶりの第2位を受賞し多くのメディアに取り上げられました。

 


ライヴ! 反田恭平

フィシャルサイトより】

2021年第18回ショパン国際ピアノコンクールで日本では半世紀ぶりの第2位を受賞。

2016年のセンセーショナルなデビュー・リサイタル以降、毎年定期的にリサイタルやオーケストラとのツアーを全国で行なっている。2018年からは室内楽や自身が創設したジャパン・ナショナル・オーケストラのプロデュースも行っており、2021年5月にはオーケストラのための新会社を立ちあげ、奈良を拠点に世界にむけて活動を開始した。

2019年にはイープラスとの共同事業でレーベルを立ち上げ、2020年のコロナ禍ではいち早く有料のストリーミング配信を行うなど、クラシック音楽の普及にも力を入れている。

また海外での活動も増え、2020年1月にパリ、10月にはウィーン楽友協会でデビューを果たし現地の観客から称賛を得ている。若手の音楽家とファンの皆さんを繋ぐコミュニケーションの場となるような音楽サロン「Solistiade」も運営している。

2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を経てF.ショパン国立音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)研究科に在籍。

主なメディア出演:

「ららら♪クラシック」、「題名のない音楽会」、「情熱大陸」など音楽番組はもちろん、ドキュメント番組やニュース番組にも出演。

2021年4月よりMBSラジオ「Growing Sonority」でパーソナリティを務めている。

主な共演オーケストラ

ベルリン・ドイツ交響楽団、RAI国立交響楽団、マリインスキー劇場管弦楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団等世界、トーンキューンストラー管弦楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団等、デビューから僅か3年間強で共演した回数は100回以上となる。

経歴

幼少時代はヤマハ音楽教室、一音会にて学ぶ。
2006年11歳 桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室「仙川教室」に入室。
2009年14歳 第2回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール 第1位。第16回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 第1位。第63回全日本学生音楽コンクール中学校の部 第2位。
2010年15歳 桐朋学園大学音楽部門より奨学金を授与され桐朋女子高等学校音楽科に入学。
2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞。
併せて聴衆賞を受賞。
2013年18歳 キャンパス特待生として桐朋学園大学音楽学部に入学。
2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞。併せて聴衆賞を受賞。
2013年 M.ヴォスクレセンスキー氏の推薦によりロシアへ留学。
2014年19歳 モスクワ音楽院に首席(日本人初の最高得点)で入学。
2015年20歳 創設以来初のピアノ科全額特待生として桐朋学園ソリスト・ディプロマコースに入学。
同年イタリアで行われている「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。
2014年度、2015年度 公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。

2016年 サントリーホールにてデビュー・リサイタル。
同年8月 3夜連続コンサートをすべて違うプログラムで行い、各日のコンサートの前半部分をライヴ録音し、その日のうちに持ち帰るというCD付プログラムが話題になる。
2016年10月2日『情熱大陸』出演。(2020年『情熱大陸』二度目の出演。
2017年4月22歳 佐渡裕指揮、東京シティフィル特別演奏会の全国12公演のソリストを務める。
同年6月 NHK交響楽団との現代曲で共演。初の全国リサイタル・ツアー13公演は全公演完売した。
2017年23歳 出光音楽賞受賞。第9回CDショップ大賞 クラシック賞受賞。第46回江副記念財団奨学生。同年 ショパン国立音楽大学に入学。
2018年4月放送スタート『ピアノの森』主人公、一ノ瀬海の師、阿字野壮介のピアノ演奏を担当。
2020年『情熱大陸』二度目の出演。
2021年26歳 第18回ショパン国際ピアノコンクールで第2位受賞。

マリインスキー劇場管弦楽団、ロシア・ナショナル管弦楽団、RAI国立交響楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等、国内外のオーケストラと共演。また、同世代のソリストを集めて自身が創設したMLMダブル・カルテットでは、室内楽を中心に活動をしている。
これまでに、木下尚之、横山悦子、川島伸達、片山敬子、ミハイル・ヴォスクレセンスキーに師事


Two Pianos

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲
ピアノ:反田恭平(21歳)
指揮:アンドレア・バッティストーニ
東京フィル(2015年9月11日演奏)

クラシック音楽情報LuckOn

 

関連記事

  1. 3月19日1917年【D.リパッティ】

  2. 2月11日1972年【K.ぺトレンコ】

  3. 11月6日1854年【J.P.スーザ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!