7月27日1867年【E.グラナドス】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

エンリケ・グラナドス・イ・カンピーニャ
Enric Joaquim Granados i Campiña

[ 作曲家・ピアニスト / スペイン ]
1867年7月27日–1916年3月24日 48歳没
イサーク・アルベニス(1860–1909)とともに、スペイン国民楽派の旗手。
エンリケ・グラナドスの画像

生涯

カタルニアに生まれ。バルセロナにてプホーフにピアノ、ペドレルに作曲を師事。ペドレルからは作曲を学び、民族主義的な精神面で大きな影響を受けた。
1887年20歳 1889年までパリに留学し、バルセロナに戻るとピアニストとしてデビュー。

1892年25歳 ピアノ曲集『12のスペイン舞曲集 Danzas españolas Op.37』に着手(1900年完成)、この曲集はグラナドスの出世作となった。

同年、アンパロ・ガルと恋愛の末結婚。1904年、マドリード音楽院主催音楽コンクールに優勝。このときM.ファリャ(1876-1946)も応募しており、審査員賞を受賞している。

|Danza Española No. 5: Andaluza
ジュリアン・ブリ―ム Julian Bream(1933-2020)

1909年からはパブロ・カザルス(1876-1973)らクリックボーム四重奏団とともに、スペイン各地を演奏して回る。 ピアノ演奏活動と作曲に加え、1901年には「アカデミア・グラナドス」を設立し、優秀なピアニストや作曲家を育てた。
彼の音楽は「スペインのグリーグ」と呼ばれたスペインの民族性に加え、R.シューマンやF.ショパンの影響からロマン主義的であり、C.ドビュッシーからも強い影響を受け印象派的な傾向もある。

第一次世界大戦中の1916年、オペラ『ゴイェスカス』のニューヨーク初演のため妻を伴ってアメリかへ渡り、英仏海峡を渡航中、3月24日にドイツ潜水艦による魚雷攻撃を受け、夫妻はその犠牲となった。

バルセロナ生まれでグラナドスの孫弟子ラ・ローチャ(1923-2009)による円熟期の傑作「ゴイェスカス」
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 618XqG4lIeL._SL300_.jpg
グラナドス:ゴイェスカス 他(期間生産限定盤)

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 10月8日1585年【H.シュッツ】

  2. 1月20日1955年【 E.ショーソン】

  3. 1月11日1902年【M.デュリュフレ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!