2月16日1936年【E.インバル】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

エリアフ・インバル
Eliahu Inbal

[指揮者/イスラエル]
1936年2月16日 - 85歳
東京都交響楽団桂冠指揮者、フランクフルト放送響名誉指揮者。
マーラーブルックナーショスタコーヴィチの解釈に世界的に高い評価を得ています。


ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク第1稿1887年版)

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 op.74《悲愴》
指揮/エリアフ・インバル
東京都交響楽団(2018年3月30日)

経歴

1936年 イスラエルのエルサレムに生まれる。
同市の音楽アカデミーでヴァイオリンと作曲を学んだ後、パリのコンセール・ヴァトワールに留学。O.メシアン(1908-1992)、F.フェラーラ(1911-1985)、S.チェリビダッケ(1912-1996)に指揮法を師事。
1963年27歳 グィド・カンテッリ指揮者コンクール優勝。
以後バーンスタインの推薦を受け、ヨーロッパをはじめ、世界中の主要なオーケストラを指揮。
1974年38歳 フランクフルト放送交響楽団(現hr交響楽団)の音楽監督となり、このオーケストラの黄金時代を築いた。(-1990)
1984年48歳 ヴェネチア・フェニーチェ劇場首席指揮者。(-1987)

日本では、1970年代から、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団に客演したほか、特に東京都交響楽団と強い結びつきを保ち、1991年の初登壇後、1995年より2000年まで特別客演指揮者、2008年より2014年までプリンシパル・コンダクターを務めたのち、2014年4月から桂冠指揮者に就任した。都響とは、マーラーの全交響曲演奏を行いライヴCDとして発売され、ショスタコーヴィチの交響曲第4番の演奏は、第50回レコード・アカデミー大賞および第25回ミュージック・ペンクラブ音楽賞を受賞した。

インバル=都響
マーラー:「巨人」リハーサル

2001年65歳 ベルリン交響楽団(現ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団)音楽監督。(-2006)
2007年71歳 フェニーチェ劇場音楽監督。イタリア放送(RAI)交響楽団名誉指揮者。
2009年73歳 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者。(-2012)

フランクフルト放送交響楽団とのマーラー交響曲全集、ベルリオーズ作品集、シューマン交響曲全集、ブラームス交響曲全集、フランス国立管弦楽団とのラヴェル作品集、ウィーン交響楽団とシュスターコーヴィチ交響曲全集、スイス・ロマンド管弦楽団とR・シュトラウス作品集など、数多くの作品を精力的に録音し、世界各国で高い評価を得ている。

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 8月31日1945年【I.パールマン】

  2. 2月9日1885年【A.ベルク】

  3. 9月9日1957年【ピエール=ロラン・エマール】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!