12月16日1932年【山本 直純】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

山本 直純
やまもと なおずみ

[作曲家・指揮者/日本]
1932年12月16日 – 2002年6月18日 69歳没
東京藝術大学に在学中からテレビや映画音楽を手掛け、『男はつらいよ』音楽を担当したり、『オーケストラがやって来た』のMC、「大きいことはいいことだー」などCMに出演するなど、クラシック音楽からポピュラー音楽まで幅広く活躍し、大衆によく知られた音楽家でした。


山本直純ベストセレクション「人生即交響楽」

男はつらいよ 第1作(1969)

生涯

1932年 東京五反田に作曲家で指揮者である山本直忠のもとに生まれる。中野区や大田区や豊島区などを転々として育つ。
幼児期から父の作曲弟子、作曲家渡辺浦人によって徹底した早期音楽英才教育を施されたほか、自由学園で羽仁協子(1929-2015)や久山恵子、林光(1931-2012)、三善晃(1933-2013)などと共に早期音楽教育を受ける。
高校時代から自由学園を借りて毎週日曜に開かれていた齋藤秀雄指揮教室で齋藤秀雄(1902-1974)に師事。同時期の同門に、小澤征爾(1935‐)、秋山和慶(1941‐)、飯守泰次郎(1940‐)、尾高忠明(1947-)らがいる。
小澤は後に、「自分は日本に留まって音楽の底辺を広げる。お前は世界を目指せ」と山本から告げられたことがあった、と語っている。

1951年19歳 東京芸術大学の入試に失敗し、父の弟子である渡辺浦人の仕事の手伝いをする。
1952年20歳 1浪後、東京芸術大学作曲科に入学、池内友次郎(1906-1991)に師事。
芸大では1学年上級の打楽器科学生で生涯の親友となる岩城宏之(1932-2006)とともに、学生オケをつくり、岩城と交代で指揮をするようになる。
3年生終了後、指揮科へ転入し、渡邊暁雄(1919-1990)に師事。
1958年26歳 大学を卒業。同年、長男純ノ介が誕生。
大学指揮科在学中に眼を患い、視力の著しい低下により、世界で活躍する指揮者になる夢をあきらめ、大学在学中からテレビや映画の分野に積極的に進出し、ポピュラーからクラシックまで幅広く作曲活動を行うようになる。同時に、テレビなどを通したクラシック音楽の普及・大衆化に力を注いだ。

1964年32歳 東京オリンピック体操女子の床運動において、ピアノの生演奏を担当した。

『一年生になったら』(1966年)
作詞:まど みちを
作曲:山本 直純

1967年35歳 NHK「音楽の花ひらく」初めてテレビ出演。大きな身振りでクラシックのイメージを変えていく。
1969年37歳 「男はつらいよ」テーマソング・映画音楽を担当し、以降第46作まで一人で作曲し、第47作「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」(1994年)以降の3作品は、息子の山本純ノ介と共同で音楽を担当した。

1972年40歳 小澤征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団を結成、指揮者団幹事となる。
同年10月1日 長年温めてきた企画、テレビ番組『オーケストラがやって来た』放映開始。1983年3月27日まで10年半の殆どの時期において企画原案・音楽監督担当、司会を務めた。1978年8月に無免許運転騒動を起こし、一時番組を離れていたが、1年後に復帰した。
1979年、1980年と2度にわたり、日本人として初めてボストンポップスを指揮。

1999年67歳 妻の心臓発作を機にキリスト教(カトリック)に入信している。洗礼名はフランシスコ。こどもさんびか改訂版に「せかいのこどもは」作曲している。

口ひげと黒縁メガネがトレードマークとして知られ、森永製菓「エールチョコレート」のCMソング『大きいことはいいことだ!!』、日本船舶振興会(当時)の『火の用心の歌』を手がけた際には、自らCMに出演した。
4000もの作品を残し、東京・群馬・香川において3つのアマチュアオーケストラを20年以上にわたり精力的に指導し、大阪においては1983年から1998年第16回まで「1万人の第九」の企画・構成・総監督・指揮を務めたり、NHKのFMラジオ放送「FMシンフォニー・コンサート」の司会を行うなど「日本の音楽普及に最も貢献したひとり」と高く評価する声もある。一方で、生前は周囲とのトラブルや、1978年8月6日に起こした交通違反スキャンダル、妻の嫉妬深い行動などでマイナスイメージにより、音楽家として必ずしも高い評価を得られていなかった。

2002年6月18日69歳 急性心不全のため亡くなる。墓石には上田敏の訳詩集タイトルの「海潮音」の文字が彫られている。

妻は作曲家の山本正美(1932-2003)、長男は作曲家の山本純ノ介(1958-)、次男はチェリストの山本祐ノ介(1958-)。父は作曲家で指揮者の山本直忠、弟はパーカッション奏者の山本直喜と ファゴット奏者の山本直親、という音楽一家。

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 8月13日1948年【キャスリーン・バトル】

  2. 7月7日1860年【G.マーラー】

  3. 9月1日1653年【J.パッヘルベル】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!