11月16日1895年【P.ヒンデミット】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

パウル・ヒンデミット
Paul Hindemith

[ 作曲家 / ドイツ ]
1895年11月16日-1963年12月28日 68歳没
新即物主義を推進し実用音楽を提唱し、弦楽器奏者としても活躍した20世紀を代表する作曲家。
交響曲やオペラの他、オーケストラを構成するほぼすべての楽器のためのソナタを作曲し、同時代の音楽家に多大な影響を与えました。

生涯

1895年11月16日 ドイツのハーナウに生まれる。
1906年11歳 音楽家になる決心をし、フランクフルトのホッホ音楽院でヴァイオリンと作曲を専攻。
1915年20歳 フランクフルト歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに就く。
第一次世界大戦に従軍、除隊後、1920年アマール・ヒンデミット四重奏団を結成しビオラ奏者として活躍。『弦楽四重奏曲第2番』の初演など自らの作品を演奏した。演奏家として活躍と多くの作曲をする一方、1927年32歳でベルリン高等音楽学校の作曲科教授に就任。

1934年39歳 代表作となるオペラ『画家マティス』を作曲。
ドイツ人でありながらナチスの意に沿う保守的作品を作曲しなかったため、1935年にベルリン音楽学校の教授職の休暇を命ぜられるなど、弾圧を受ける(ヒンデミット事件)。

『交響曲 画家マチス』
指揮:ブロムシュテッド(1927‐)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(2014年2月8日)

1940年45歳 ナチスに追われてアメリカへ亡命。自らの意志で再びドイツを訪れることはなかった。同年よりエール大学で、第二次世界大戦後はスイスに渡り、チューリヒ大学で教鞭をとった。
晩年は指揮者として世界各地を訪れ、1956年にはウィーンフィルハーモニー来日公演で指揮者として日本に訪れた。

P.ヒンデミット: 弦楽と金管のための協奏音楽 Op.50
A.ブルックナー:交響曲 第7番 第1楽章
J.ブラームス: 大学祝典序曲 Op.80
指揮:ヒンデミット(68歳)
シカゴ交響楽団(1963年4月7日演奏)

1963年12月28日 フランクフルトにて死去。
スイス・ヴォー州ラ・シエザのラ・シエザ墓地に眠る。

『ピアノソナタ第3番』(1936)第4楽章
グレン・グールド(1932-1982)1963年演奏

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 1月10日1948年【ミッシャ・マイスキー】

  2. 11月9日1927年【江藤 俊哉】

  3. 1月20日1955年【 E.ショーソン】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!