11月14日1719年【L.モーツアルト】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

ヨーハン・ゲオルク・レオポルト・モーツァルト
Johann Georg Leopold Mozart

[作曲家・音楽理論家/オーストリア]
1719年11月14日-1787年5月28日 67歳没
天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルトの父。彼の才能を最大限に伸ばしました。
彼自身作曲家として『おもちゃの交響曲』(3楽章はアンゲラー作曲)や教則本『ヴァイオリン教程』で功績を残しています。

LeopoldMozart.jpg

生涯

1719年 バイエルン州アウクスブルクで製本師の父のもとに長男として生まれた。
1737年18歳 ザルツブルグの大学に入学し哲学と法律を学ぶ。
1739年20歳 音楽に熱中し、大学を除籍になる。 ザルツブルクの名門貴族トゥルン伯爵(1706-1762)の楽士として召し抱えられる。
1740年21歳 『2つのヴァイオリンとバスのための、6曲の教会および室内用ソナタ』(トゥルン伯爵のために)『室内ソナタ 第4番』など作曲を始める。
1743年24歳 ザルツブルグ大司教宮廷楽団のヴァイオリン奏者に無給で就く。
1744年25歳 「クリスマス手当」として初めて支給を受ける。少年合唱団の非常勤講師に就く。
1747年28歳 ザルツブルク宮廷室内作曲家に就任。同年アンナ・マリア・ペルトゥル(1720-1778)と結婚。7人の子供をもうけるが、成人したのは三女の愛称ナンネル(1751-1829)と三男のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)のみ。
1756年 史上初めてヴァイオリンの教授法を論理的に記した『ヴァイオリン奏法』を出版。ヨーロッパ中に普及し現在も出版され多くの人に読まれている。

レオポルトモーツァルト ヴァイオリン奏法 [新訳版]

作品も広い分野に多くの曲を残し、中でも『おもちゃの交響曲』が有名である。

『おもちゃのシンフォニー』

1759年40歳 ナンネルの音楽教育を目的とした、通称『ナンネルの楽譜帳』編纂。
1760年41歳 4歳のヴォルフガングに『ナンネルの楽譜帳』を使用しレッスンをはじめる。
1762年1月12日42歳 ナンネルとヴォルフガングを連れてミュンヘン旅行。
10月 6歳のヴォルフガングが、ウィーンのシェーンブルン宮殿にて女帝マリア・テレジアや皇帝フランツ1世の御前演奏をして喝采を浴びる。
12月 各地で自分の子供たちの天才ぶりが絶賛され、さらに宣伝して廻るため旅行用馬車を買う。
ウィーン旅行以降子供たちのマネージメントに力を入れ、作曲することはあまりなくなった。
1763年44歳 宮廷副楽長に昇進し、亡くなるまでこの地位にあった。
同年6月から1766年11月まで、ドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、イギリス、スイス各地の王侯・貴族の前で演奏を行い、神童ヴォルフガングの評判は全ヨーロッパに広まった。ロンドンでの3時間の演奏会の収入は、レオポルトの年収の8年分だった。
1767年48歳 一家で再びウィーン旅行。目的は皇女ヨゼファの婚儀の祭典に出席することだったが、ウィーンで天然痘がはやり、皇女は死去。
ウィーンを離れたが、ヴォルフガングとナンネルが相次いで天然痘にかかった。

1776年57歳 毎年のようにイタリアやミュンヘンなど演奏旅行で訪れ評判を高めていたが、旧時代に属するレオポルトと新時代の方向に向おうとする息子ヴォルフガング(21歳)との間のミゾは深まっていく。
1780年61歳 この頃、ザルツブルクにおいて第1号となる グランド型フォルテピアノを購入。
1782年8月4日62歳 ヴォルフガングは父の同意のないままコンスタンツェとウィーンで結婚。
1785年66歳 ヴォルフガングの勧めでフリーメイソンに入会。
1787年5月28日67歳 ザルツブルクでナンネル夫妻らに看取られて亡くなる。父と決別していたヴォルフガングは臨終の床にも、葬式にも立ち会わなかった。
聖セバスティアン教会の墓地に眠る。

クラシック音楽情報LuckOn

 

関連記事

  1. 7月11日1912年【S .チェリビダッケ】

  2. 6月17日1818年【C.グノー】

  3. 1月10日1948年【ミッシャ・マイスキー】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!