11月9日1927年【江藤 俊哉】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

江藤 俊哉
えとう としや

[ヴァイオリニスト・教育者/日本]
1927年11月9日-2008年1月22日 80歳没
日本における20世紀最高のヴァイオリニストで、指導者としても国際的なヴァイオリニストを多く育てました。


江藤俊哉の芸術~RCAソロ・レコーディング集成

生涯

1927年 東京に生まれる。
4歳からら12歳まで鈴木鎮一に師事する。これを契機にスズキ・メソードが誕生したと言われ、江藤俊哉は「才能教育第1号」と呼ばれる。
1939年12歳 第8回音楽コンクール(現日本音楽コンクール)弦楽部門で第1位を受賞。最近まで日本最年少受賞記録であった。
1940年13歳 育英工芸学校(現サレジオ工業高等専門学校)に進学、1943年よりアレクサ ンドル・モギレフスキーに師事。
1944年17歳 同学校を卒業後、東京音楽学校本科(現在の東京芸術大学)ヴァイオリン科に入学し、井上武雄に師事する。在学中、渡邉暁雄、松浦君代、齋藤秀雄と弦楽四重奏団を結成。
1948年21歳 東京音楽学校本科を卒業後講師に就任するが、同年11月にアメリカのカーティス音楽院に入学、ジンバリストに師事。
1951年24歳 音楽院在学中、日本人ヴァイオリニストとして初めてカーネギーホールでデビュー・リサイタルを行う。
1952年25歳 同音楽院を卒業。ジンバリストの助手を経て、1954年教授に就任。アメリカ各地、ハワイ、イタリア、メキシコ、コスタリカ、カナダ、そして日本などで演奏活動を行った。
1955年9月8日27歳 ヴァイオリニストであるアンジェラ・ヌドと結婚。

1961年5月33歳 帰国。
1967年から1978年までNHK「バイオリンのおけいこ」に出演。
1971年43歳 1730年製グァルネリ・デル・ジェス「マリオ・コルチ」を入手、第1回モービル音楽賞(現JXTG音楽賞)を受賞。

”江藤トーン”と呼ばれる量感豊かで輝かしい音色での演奏は、第二次世界大戦後の日本の楽壇をリードする存在となり、国内外での演奏活動、国際コンクールの審査員を務めるとともに、桐朋学園大学、上野学園にて後進の指導にあたり、国際的に活躍する多くのバイオリン奏者を育てた。

1979年52歳 日本芸術院賞を受賞。この年、ネスカフェのゴールドブレンドのCMに出演。
1985年12月58歳 都民文化栄誉章を受章。
1987年60歳 NHK「紅白歌合戦」で審査員を務めた。同年より芸術院会員。

1985年 ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ連続演奏会、1986年 モーツァルトのヴァイオリン全協奏曲演奏会、1987年 シューマンのヴァイオリン全作品演奏会、1996年 バッハのヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全曲演奏会を行う。

1996年69歳 江藤俊哉ヴァイオリンコンクールを開始し2009年まで行われた。
1997年から2004年まで桐朋学園大学学長をつとめた。
2008年1月22日80歳 以前より患っていた病気のため、逝去。80歳没。


江藤俊哉 ヴァイオリンと共に―「何を歌っているか知りたい」

サラサーテ:ツィゴイネルヴァイゼン(江藤俊哉15歳)

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 7月26日1929年【A.ワイセンベルク】

  2. 9月4日1824年【A.ブルックナー】

  3. 9月5日1912年【J.ケージ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!