10月17日1898年【鈴木 鎮一】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

鈴木 鎮一
すずき しんいち

[ ヴァイオリン奏者・教育者 / 日本 ]
1898年10月17日-1998年1月26日 99歳没
独自の音楽教育システム「スズキメソード」を作り、世界中に広まったそのシステムにより、多くの優秀なヴァイオリニストを生んでいます。


鈴木鎮一の愛と教育

生涯

1898年 愛知県名古屋市に生れる。
父・鈴木政吉は、1888年(明治21年)よりヴァイオリンを作り始め、日本で最初のヴァイオリン工場を設立した「鈴木バイオリン製造」の創業者。
市立名古屋商業学校に通うかたわら、父の工場でヴァイオリン製作について覚え、音楽・芸術に関心を持つようになる。
1916年18歳 商業学校卒業後、バイオリン工場の事務所に勤める。

1920年22歳、音楽の道に進むことを決意し上京。徳川義親侯爵家に寄宿し、ヴァイオリンを安藤幸(幸田延の妹)に師事。
1921年23歳 徳川侯爵らの世界一周旅行に同行。旅先であったドイツに留まり、ベルリン高等音楽学校の教授カール・クリングラーに、個人的な弟子として約8年間師事。
ベルリン滞在中の後見人アルベルト・アインシュタイン博士(1879-1955)からも大きな影響を受けた。

1928年30歳 ヴァルトラウト夫人と結婚し、母危篤の知らせを受け帰国。独奏者、室内楽奏者として活躍。
1931年33歳 帝国音楽学校のヴァイオリン教授に採用される。この頃から自宅で、諏訪根自子、江藤俊哉、豊田耕兒、小林武史らを教え始める。

1946年48歳 戦災と疎開を経て長野県松本市に松本音楽院を開設し、同時に全国幼児教育同志会(のちに才能教育研究会と改称)を発足し会長となる。井深大(ソニー創業者の一人)が名誉会長としてこれを支援した。
1953年55歳 A・モギレフスキーとともに帝国音楽学校を設立、校長を務めた。
1955年57歳 東京都体育館における第1回全国大会「グランドコンサート」では、2000名の生徒によるヴァイオリン大合奏が行われた。この風景は、後に映画『ミュージック・オブ・ハート』においても再現された。
1964年66歳 10名の児童を連れ、アメリカ合衆国に最初の演奏旅行を行い、1994年まで30回の訪米演奏会が行われ「スズキメソード」として世界的に知られるようになる。

1969年71歳 ベルギーのユジェーヌ・イザイ財団よりイザイ賞、1970年勲三等瑞宝章、1973年人間能力開発機構スベクトラ賞、1976年、モービル音楽賞、1985年ドイツ連邦共和国功労勲章一等功労賞などを受章。
1972年アメリカ、ロチェスター大学、1990年、アメリカ、クリーブランド音楽大学、イギリス、セントアンドリューズ大学より、また1992年、アメリカ、イサカ大学、1993年にメリーランド大学より名誉博士号を授与される。
1991年93歳 イギリスのサンデー・タイムス紙「20世紀をつくった1000人」の中に選ばれる。
1998年1月26日99歳 松本の自宅で亡くなる。


愛に生きる (講談社現代新書)

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 2月7日1972年【諏訪内 晶子】

  2. 11月13日1874年【M.ロン】

  3. 8月7日1571年【T.ルポ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!