3月25日1881年【B.バルトーク】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

バルトーク・ベーラ・ヴィクトル・ヤーノシュ
Bartók Béla Viktor János

[作曲家/ハンガリー]
1881年3月25日-1945年9月26日 64歳没
独自のリズムや倍音列音階など、現代音楽をリードした作曲家。
またピアニストとしても活躍し、東ヨーロッパの民俗音楽を収集・分析した民族音楽研究家。

Bartók Béla 1927.jpg

生涯

1881年 ハンガリー南部のナジュセントミクローシュ(現ルーマニア領スインニコラウ・マーレ)に生まれる。父は音楽愛好家で農学校校長、母はピアノ教師だった。5歳頃から母の手ほどきでピアノを学ぶ。
1888年8月7歳 父が病死。母の仕事の都合でナージセレーシュに転居し、その後各地を転々とする。
9歳ごろにはピアノ曲を作曲、10歳で演奏会デビュー。
1899年18歳 ブダペスト王立音楽院(後のリスト音楽院)に入学。
学内でもピアニストやオルガニストとして活動するかたわら、ハンガリー民族独立の風潮の中、民族音楽を収集するなどハンガリー独自の音楽の研究を始め、生涯の仕事とするようになった。
1903年12月22歳 ベルリンでデビューリサイタルを行い、F.ブゾーニ(1866-1924)やゴドフスキー(1870-1938)から称賛を受ける。
1905年24歳 パリのルービンシュタイン音楽コンクールピアノ部門と作曲部門に出場。作曲部門では奨励賞の第2席、ピアノ部門ではW.バックハウス(1884-1969)に次ぐ第2位となり失望するが、この時ドビュッシーの音楽を知り、コダーイ(1882-1967)と出会ったことは大きな収穫となった。
1906年25歳 コダーイらと共にマジャール民謡、近隣諸民族の民謡の採譜と研究を始める。採譜のためにトルコや北アフリカへも赴く。民族音楽とドビュッシーの音楽は、その後の創作に大きな影響を及ぼした。
1907年26歳 ブダペスト音楽院ピアノ科教授に就任。長期休暇時には民謡の採集を行った。
1911年30歳 唯一のオペラ作品『青ひげ公の城』作曲。ハンガリー語台本のこの作品をハンガリーオペラコンクールに応募したが、入賞はできなかった。
1917年36歳 『弦楽四重奏曲第2番』作曲。バレエ音楽『かかし王子』(1916年)初演が大成功をおさめたことをきっかけに『青ひげ公の城』の初演が決まる。これらの作品は高い評価を受け、国際的な名声を得る。

『かかし王子 The Wooden Prince』
指揮:アラン・ギルバート(1967-)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(2013年演奏)

1921年-1922年 イギリスやフランスで演奏旅行を行った際、M.ラヴェル(1875-1937)やストラヴィンスキー(1882-1971)と出会う。
1923年42歳 1909年に結婚したマールタ(1893-1967)と6月に離婚。8月に生徒のディッタ(1903-1982)と結婚。

1920年代後半から1930年代にかけて『弦楽四重奏曲第3番』(1927年)『同第4番』(1928年)『弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽』(1936年)『2台のピアノと打楽器のためのソナタ』(1937年)など、代表作となる作品を発表。
1927年46歳 『ピアノ協奏曲第1番』フルトヴェングラー(1886-1954)の指揮で初演。
1928年47歳 演奏旅行で初めてアメリカを訪れ、その後ソビエトでも演奏会を行い、シゲティ(1892-1973)やパブロ・カザルス(1876-1973)らと共演した。

弦楽四重奏曲第4番 (1928年)

1933年1月23日52歳 『ピアノ協奏曲第2番』の初演をフランクフルトで行う。ドイツでの最後の公開演奏となった。
1934年53歳 ブダペスト音楽院教授を退任。科学アカデミーの民俗音楽研究員に就任し、研究活動に没頭するようになった。
1936年55歳 代表作『弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽』作曲。

『弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽』(1936年)
指揮:P.ブーレーズ(1925-2016)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1939年 第二次世界大戦勃発。ユダヤ人ではなかったが、ヨーロッパの政情不安により1940年アメリカへ亡命。コロンビア大学から民俗音楽研究についての名誉博士号を授与され、客員教授として民俗音楽の研究を開始。
1943年62歳 クーセヴィツキー(1874-1951)から委嘱され『管弦楽のための協奏曲』作曲。収入面は改善されたが、ハーバード大学での連続講演期間中に白血病により入院。

『管弦楽のための協奏曲』(1943)
指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ(1977- )
hr交響楽団

1945年9月26日64歳 ニューヨークで亡くなる。

「ナチスドイツや共産主義ソ連の名前が残っている内は祖国に埋葬しない」との遺言に基づき、ニューヨーク州ハーツデイルのファーンクリフ墓地に埋葬された。
1988年7月7日 ハンガリー国葬。ゲオルク・ショルティ(1912-1997)により遺骨が母国へ持ち帰られ、ハンガリー国葬が営まれた。

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 1月25日1886年【W.フルトヴェングラー】

  2. 1月21日1941年【P.ドミンゴ】

  3. 10月10日1813年【G.ヴェルディ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!