2月12日1923年【F.ゼフィレッリ】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

フランコ・ゼフィレッリ
Franco Zeffirelli

[オペラ演出家/イタリア]
1923年2月12日 -2019年6月15日 96歳没

イタリア・フィレンツェ出身の映画監督・脚本家・オペラ演出家、政治家である。

経歴

1923年 フィレンツェに仕立て屋の私生児として生まれる。
フィレンツェ大学で建築を学ぶ。
演劇に憧れヴィスコンティ(1906-1976)のもとで美術・装置を担当し、オペラ、映画、現代演劇など学び、キャリアを積む。
ゲイであることを公言しており、バイセクシャルだったヴィスコンテイの愛人であった。

ミラノのスカラ座やロンドンのコベントガーデン劇場でオペラの演出、『ロミオとジュリエット』などシェークスピア作品の演出など手掛けるようになる。
1968年 『ロミオとジュリエット』が映画化されシェイクスピア映画として最高のヒットとなり、以降映画監督としても活躍するようになる。

ロミオとジュリエット (字幕版)

『ブラザー・サン シスター・ムーン 』1972年

ブラザー・サン シスター・ムーン (字幕版)

『チャンプ』1979年

チャンプ [DVD]

晩年はオペラ演出を活動の中心とし、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場、ロンドン・ロイヤル・オペラハウスなど、世界各地の主要歌劇場で演出を行う。

演出『トゥーランドット』1983年

トスカニーニ』1988年

トスカニーニ [VHS]

イタリア人の少年とイギリスの婦人たちの交流を描いた『ムッソリーニとお茶を』(1998年)は、上流階級にフィレンツェに住むイギリスの上流階級の人々のコミュニティで育った彼の半自伝的映画。

ムッソリーニとお茶を [DVD]

プライベートで親交のあったマリア・カラスを描いたフィクション映画
永遠のマリアカラス』2002年

永遠のマリア・カラス [DVD]

97歳となる2020年には、オマーン王立オペラで、ヴェルディ『リゴレット』の演出を手掛ける予定だったが、2019年6月15日、ローマの自宅で亡くなった。


ゼッフィレッリ自伝 (創元ライブラリ)

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 10月4日1950年【F.アライサ】

  2. 8月21日1698年【グァルネリ(デル・ジェズ)】

  3. 7月6日1937年【V.アシュケナージ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!