7月27日1915年【マリオ・デル・モナコ】

クラシック音楽情報
クラシック音楽家の誕生日 一覧

マリオ・デル・モナコ
Mario Del Monaco

[ テノール / イタリア ]
1915年7月27日-1982年10月16日 67歳没
ステファノ、フランコ・コレッリとともに元祖三大テノールのひとりで、その美声は「黄金のトランペット」と呼ばれた。

生涯

1915年 イタリアの友ガエータに生まれる。
13歳からヴァイオリンを学び、16歳から本格的に声楽を学び、ペーザロの音楽院にてA.メロッキに声楽を学ぶ。
1937年22歳 トゥリオ・セラフィンに招かれローマ歌劇場で研鑽。
1941年26歳 ミラノでプッチーニ『蝶々夫人』でピンカートン役でデビュー。その後、徴兵され戦争終結後まもなく活動再開。
1946年31歳 アレーナ・ディ・ヴェローナにて『アイーダ』ラダメス役で、大成功を収める。
1947年32歳 スカラ座、1951年36歳 メトロポリタン歌劇場、1957年42歳 ウィーン国立歌劇場などのデビュー公演で成功を収め、以降“黄金のトランペット”と称され、名テノールとしてオペラ界に君臨した。

1959年44歳 NHK主催「第2回イタリアオペラ公演」で初来日し『オテロ』(オテロ)、『カルメン』(ドン・ホセ)に出演。その後1961年、1969年にも来日公演を行う。
舞台では、直前まで極度の緊張に襲われていたことが知られている。

オペラ〈道化師〉『衣装をつけろ』 1961年46歳

1963年12月48歳 自動車事故に遭遇し、その後約1年休養。

『Un amore così grande』1976年61歳

1970年代以降、後進の指導に力を入れ、1982年10月16日に心臓発作により亡くなった。

プッチーニ《トゥーランドット》「誰も寝てはならぬ」

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 12月8日1890年【B.マルティヌー】

  2. 7月19日1868年【フローレンス・フォスター・ジェンキンス】

  3. 11月23日1933年【K.ペンデレツキ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!