1月15日1914年【小山 清茂】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

小山 清茂
こやま きよしげ

[作曲家/日本]
1914年1月15日-2009年6月6日 95歳没

小学校教科書に載る『吹奏楽のための木挽歌』を聴いたことがある人も多いと思いますが、神楽や祭囃子をモチーフにした作品を書いた、戦後の日本を代表する作曲家です。

吹奏楽のための木挽歌(1957年)
指揮:秋山和慶(1941-)
Senzoku Special Wind World

生涯

1914(大正3)年 長野県更級郡信里村(現長野市)に生まれる。
山深い里の農家で幼少期に西洋音楽に触れることなく、村の祭礼音楽やさまざまな童歌、村人達がうたう即興の唄や民謡に親しむ。
旧制長野中学(長野県長野高等学校)入学し、ハーモニカ合奏や短歌に熱中する。
1933年19歳 長野師範学校卒業後、長野県内で教諭を務めながら作曲の勉強を行った。
1939年25歳 上京し1943年まで安部幸明(1911-2006)のもとで作曲を学ぶ。
1941年27歳 豊島区長崎第五国民学校に勤務し、東京都教員管弦楽団のフルート奏者を務める。この時期に、同オーケストラの指揮者渡邊浦人からオーケストラについて学ぶ。
1946年32歳 第14回音楽コンクールにおいて『管弦楽のための信濃囃子』が第1位を獲得。

1950年36歳 渡邊浦人、渡辺茂、平井康三郎、山本直忠、金井喜久子、石井五郎と日本をテーマの中心に据えた音楽の創作を目的とする「白涛会」を結成。
1955年41歳 東京都内の小学校教諭を退職。
1956年42歳 深井史郎、貴島清彦らと、民族語法を基本として新たな音楽の創造を目指す音楽グループ「新音楽の会」を結成。
1957年43歳 民謡の旋律を変奏主題として用いた『吹奏楽のための木挽歌』作曲。同年東京にて渡邉曉雄指揮で日本フィルハーモニー交響楽団により初演。小学校の音楽教科書に鑑賞教材として載る代表作となる。
1959年45歳 交響組曲『能面』で第14回芸術祭奨励賞受賞。

交響組曲『能面』
オーケストラ・ソノーレ長野

1960年46歳「山の分校の記録」(NHKテレビ番組、イタリア賞参加、ドキュメンタリー部門第2位)。
1962年48歳『筝と和楽器によるうぶすな』で芸術祭奨励賞受賞。
1969年55歳 神戸山手女子短期大学教授に就く。
1971年57歳 中西覚と「たにしの会」を結成し、日本の旋法や和声の理論体系を研究、整理した。
1981年67歳 尚美音楽短期大学作曲科教授に就く。
1985年4月71歳 芥川也寸志と新交響楽団による「日本の交響作品展9 小山清茂」が開催。
1986年72歳 国立音楽大学音楽研究所勤務。
1998年1月21日84歳 東京都交響楽団・日本の作曲家シリーズ第23回で代表作が演奏される。
勲四等瑞宝章。日本作曲家協議会会員。

2009年6月6日 95歳で亡くなる。


日本の響きをつくる―小山清茂の仕事

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 8月7日1571年【トーマス・ルポ】

  2. 7月6日1937年【V.アシュケナージ】

  3. 10月21日1912年【G.ショルティ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!