1月5日1886年【河合 小市】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

河合 小市
かわい こいち

[ ピアノ製造技師 / 日本 ]
1886年1月5日-1955年10月5日 69歳没
ヤマハに並び世界に誇るピアノメーカー「カワイ」。その河合楽器製作所の創設者で初代社長。ヤマハの創業者山葉寅楠(1851-1916)を師とするピアノ製造技師でした。

カワイピアノの歴史
〈河合楽器HPより〉

生涯

1886年(明治19)浜松宿菅原町(現:菅原町)の貧しい車大工の家庭に生まれる。父谷吉は、浜松名物凧の糸車を発明考案した人物。
小市の幼い頃はわんぱく。読み方や習字は不得意だったが、数学が優秀だった。
1897年11歳 父が30歳で亡くなり、山葉風琴製造所(現ヤマハ株式会社)に丁稚入り。創業者である山葉寅楠(1851-1916)に目をかけられ彼の下でピアノ調律と製造技術を磨いた。その後「発明小市」とよばれ、複雑な仕組みの「アクション」部分を独自で発明することになる。
1900年14歳 国産ピアノアクション付きのピアノを完成。
1904年18歳 カップラー(オルガンの音をストップさせる)を製作。また黒鍵を自動製造する製造機、卓上ピアノ、ハーモニカの弁の簡易取り付け機などを発明。
1905年19歳 日露戦役凱旋記念大博覧会に、8列18個ストップ付の珍しいオルガンを出品し注目される。
1916(大正5)年30歳 恩師である寅楠が死去。小市は泣き通したという。
1921年35歳 外国を視察し、帰国してすぐパイプオルガンの製作にとりかかる。
1926年40歳 労働争議を発端に、天野社長が日本楽器会社を辞任。それを機に小市も退社。

1927(昭和2)年41歳 自宅に河合楽器研究所(現河合楽器製作所)を仲間とともに創設。「昭和型」と名づけた5オクターブの国産アップライトピアノを550円という安価で発売。
1928年42歳 グランドピアノ第一号機「平台1 号」を発売。独自の仕組み「自在アクション」の特許取得
1929年43歳 河合楽器製作所と改名し、ピアノ響板の新装置を発明。
1933年47歳 新型アクション、ピアノ鍵盤のアガキ調整装置の特許取得。大型ピアノを宮内庁に献上。
1934年48歳 ピアノ響板の駒における発明で特許取得。
1935年49歳 河合楽器製作所は合名会社に組織変更し、ハーモニカのリード取り付け装置の特許取得。
1937年51歳 第二次世界大戦中、中島飛行機製作所の下請け工場として飛行機部品を製造する軍需工場となった。

1948年62歳 ピアノ、オルガンの製造を再開。

一度決心したことは、成就するまで挫折することがない性格。
「河合楽器のすべての楽器は、精神の音を出させよ。ひとつひとつの楽器には魂をこめておけ。その魂が楽器の生命となっていつまでも美しい魂の音を鳴らせるようにせよ」を信念に工員を励ました。

1951年65歳 藍綬褒章を授与。同年静岡県知事から表彰。山葉寅楠の墓前に報告したという。
1955(昭和30)年10月5日70歳 逝去。

【河合楽器製作所HP-歴史

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 2月13日1964年【仲道 郁代】

  2. 9月1日1854年【E.フンパーディンク】

  3. 8月5日1811年【A.トマ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!