【真夜中のピアニスト(2005)】-音楽を題材にしたフィクション映画

真夜中のピアニスト

[原題]De battre mon cœur s’est arrêté
[監督]ジャック・オディアール
[原作]ジェームズ・トバック
[脚本]ジャック・オーディアール
トニーノ・ブナキスタ
[音楽]アレクサンドル・デスプラ
[製作]パスカル・コシュトゥー
[撮影]ステファーヌ・フォンテーヌ
[編集]ジュエリット・ウェルフリング
[出演]ロマン・デュリス
[製作年]2005年
[製作国]フランス
[上映時間]108分
[ジャンル]ドラマ


真夜中のピアニスト

1978年のアメリカ映画『マッド・フィンガーズ』のリメイク。
2006年第31回セザール賞で最優秀作品賞、監督賞を含む8部門で受賞。2005年第55回ベルリン国際映画祭、アレクサンドル・デスプラが銀熊賞(音楽賞)を受賞し、同年第59回英国アカデミー賞でも外国語作品賞を受賞。

28歳のトム(ロマン・デュリス)は、友人ファブリス(ジョナサン・ザッカイ)、サミ(ジル・コーエン)と組む不動産ブローカー。そこは暴力や裏切りが横行する世界。かつての恩師に再開し、オーディションの機会を与えられた彼は、母のようなピアニストになりたいという昔の夢を再度目指す。
フランス語を話せない中国人の女流ピアニスト、ミャオリン(リン・ダン・ファン)に師事してレッスンにのめり込んでゆく。

音楽を題材にした洋画‐フィクション一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【海の上のピアニスト(1999)】-音楽を題材にしたフィクション映画

  2. 【ワンチャンス(2013)】‐音楽を題材にしたノンフィクション映画

  3. 【グレートワルツ(1938)】-音楽を題材にしたノンフィクション映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!