【ドラムライン(2002)】-音楽を題材にしたフィクション映画

ドラムライン

[原題]Drumline
[監督]チャールズ・ストーン3世
[脚本]ティナ・ゴードン・チズム
ショーン・シェップス
[音楽]ダラス・オースティン
[製作総指揮]ダラス・オースティン
[撮影]シェーン・ハールバット
[出演]ニック・キャノン
オーランド・ジョーンズ/ ゾーイ・サルダナ/レナード・ロバーツ
[製作年]2002年
[製作国]アメリカ
[上映時間]119分
[ジャンル]ドラマ


ドラムライン

ボーイズIIメンやTLCなどを手がけた音楽界の巨匠、ダグラス・オースティンの実体験を基に映画化。スポーツ競技のハーフタイムに技を競い合う、マーチング・バンドを舞台に名門大学に入学した主人公が挫折を味わいながら成長していく青春ドラマ。

ニューヨークのハーレム育ちのデヴォン(ニック・キャノン)は、離婚して家を出た父の血を引くドラムの天才。音楽待生として大学進学し、名門マーチングバンド部リー監督(オーランド・ジョーンズ)にスカウトされ入部し才能を発揮していくが、うぬぼれた言動でバンド・メンバーや監督との軋轢を生み、孤立してしまう・・・。

音楽を題材にした洋画‐フィクション一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【リプチンスキーのオーケストラ(1990)】-音楽を題材にしたフィクション映画

  2. 【トスカニーニ(1988)】-音楽を題材にしたノンフィクション映画

  3. 【アンナ・マグダレーナ・バッハの日記(1968)】‐音楽を題材にしたノンフィクション映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!