【ピアノ・レッスン(1993)】-音楽を題材にしたフィクション映画

ピアノ・レッスン

[原題]The Piano
[監督・脚本]ジェーン・カンピオン
[音楽]マイケル・ナイマン
[製作]ジャン・チャップマン
[撮影]スチュアート・ドライバラ
[美術]アンドリュー・マッカルパイン
[衣装]ジャネット・パターソン
[出演]ホリー・ハンター/ハーヴェイ・カイテル/エイダ・マクグラス
[製作年]1993年
[製作国]オーストラリア
[上映時間]121分
[ジャンル]ドラマ


ピアノ・レッスン

19世紀のニュージーランドを舞台に、ピアノの音色を言葉代わりにする女性と、原住民マオリ族に同化した一人の男性との激しい愛を描いた恋愛映画。

スコットランドから未開の地ニュージーランドへ、エイダ(ホリー・ハンター)は娘フローラ(アンナ・パキン)と一台のピアノとともに、入植者のスチュワート(サム・ニール)に嫁ぐ。
口がきけない彼女にとって、ピアノはかけがえのないもので、いわば分身。しかし、迎えにきたスチュアートはピアノは重すぎると浜辺に置き去りにする。
浜辺でピアノを弾くエイダの姿とピアノに惹きつけられたベインズ(ハーヴェイ・カイテル)は、スチュアートから自分の土地と交換してピアノを手に入れる。そして「黒鍵の数だけ自分にレッスンをしてくれたら、ピアノを返す」と約束。
はじめは嫌々レッスンをしていたエイダは、次第にべインズに惹かれていく。

オーストラリア映画として、また女性監督として初となるカンヌのパルムドール受賞作品。
カンヌ国際映画祭パルムドール大賞/最優秀主演女優賞(ホリー・ハンター)受賞。
第66回アカデミー賞8部門にノミネートされ、主要3部門(最優秀主演女優賞/主演女優賞(ホリー・ハンター)/助演女優賞(アンナ・パキン)受賞。アンナ・パキンの11歳での受賞は『ペーパー・ムーン』でのテータム・オニール(当時10歳)に次ぐ史上2番目の若さでの受賞。
イギリスの作曲家、マイケル・ナイマンによるサウンドトラックは、全世界で300万枚以上売上げた。メインテーマとも言うべきピアノソロ曲『楽しみを希う心』は楽譜が出版され多くの人が演奏した。劇中では主役のホリー・ハンター自身が演奏している。

音楽を題材にした洋画‐フィクション一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【アリア(1987)】-音楽を題材にしたフィクション映画

  2. 【陽のあたる教室(1994)】-音楽を題材にしたフィクション映画

  3. 【ネオ・ファンタジア(1976)】‐音楽を題材にしたフィクション映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!