8月31日1834年【A.ポンキエッリ】

クラシック音楽情報LuckOn

音楽家の誕生日 一覧

アミルカレ・ポンキエッリ
Amilcare Ponchielli

[作曲家/イタリア]
1834年8月31日-1886年1月17日 51歳没
代表作であるオペラ『ジョコンダ』のバレエ曲「時の踊り」でよく知られる作曲家

 

Amilcare Ponchielli.jpg


ラ・ジョコンダ『時の踊り』
指揮:ロリン・マゼール(1930-2014)
フェニーチェ劇場管弦楽団

生涯

1834年 クレモナ近郊のパデルノ・ファソラーノ(現パデルノ・ポンキエッリ)で教会音楽家の家庭に生まれる。
1843年9歳 奨学金を得てミラノ音楽院で音楽を学ぶ。
最初の交響曲を作曲。
1854年20歳 音楽院を卒業し、聖イラリオ教会のオルガニストに就く。
後にピアチェンツァの市民楽団の指揮者になるが、オペラ作曲家を目指す
1856年22歳 クレモナにて最初のオペラ『婚約者 I promessi sposi』初演されるも、評判は芳しくなかった。
1862年28歳 ピアチェンツァの国家警備隊音楽監督に就任。
1864年30歳 クレモナの市民バンドのバンドリーダーをつとめる。

1872年38歳 『婚約者』改訂版のミラノ上演が成功をおさめ、以後スカラ座から依頼を受けオペラを次々に作曲。

バレエ音楽の佳作『2つの双眼鏡 Le due gemelle』(1873)、オペラ『リトアニア人』(1874年)も成功をおさめ、名声が高まる。
1876年42歳 ヴィクトル・ユーゴーの戯曲に基づきアッリーゴ・ボーイトが脚本を書いたオペラ『ラ・ジョコンダ La Gioconda』が大成功を収める。

ラ・ジョコンダより『空と海 Cielo e mar』
テノール:ヨナス・カウフマン


ポンキエッリ:歌劇「ラ・ジョコンダ」[Blu-ray]

1881年にベルガモ大聖堂の楽長職に任命される。

1883年49歳 ミラノ音楽院で作曲を教える。
ヴェルディの後継者と言われた彼の門下にマスカーニ(1863-1945)やプッチーニ(1858-1924)らがいる。

『フリコルノ・バッソ協奏曲 Op.155』
(世界最初のユーフォニアム協奏曲)
ユーフォニウム: Marina Boselli
指揮:フランコ・チェザリーニ(1961-)

1886年1月17日51歳 急性肺炎のためミラノで亡くなる。

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 1月5日1942年【M.ポリーニ】

  2. 10月20日1958年【I.ポゴレリッチ】

  3. 2月21日1893年【A.セゴビア】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!