【シャネル&ストラヴィンスキー(2009)】‐音楽を題材にしたノンフィクション映画

シャネル&ストラヴィンスキー

[監督]ヤン・クーネン
[原題]Coco Chanel & Igor Stravinsky
[原作]クリス・グリーンハルジュ
[脚本]ヤン・クーネン
カルロ・ド・ブニティ/クリス・グリーンハルジュ
[音楽]ガブリエル・ヤレド
イゴール・ストラヴィンスキー
[音楽プロデューサー]
[製作]クロディ・オサール/クリス・ボルジ
[撮影]ダヴィッド・ウンガロ
[美術]マリー=エレーヌ・スルモニ
[衣装]シャトゥーヌ
[出演]アナ・ムグラリス
マッツ・ミケルセン
[製作年]2009年
[製作国]フランス
[上映時間]118分
[ジャンル]ノンフィクション


シャネル&ストラヴィンスキー [DVD]

ココ・シャネル「N°5」とストラヴィンスキーの「春の祭典」。20世紀を代表する革新的芸術家の苦悩と愛憎を描くラブストーリー。

1913年パリシャンゼリゼ劇場。ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)の『春の祭典』の初演を迎えたが、観客はそのあまりにも斬新な音楽のため、激しいブーイングが起きる。しかし、ココ・シャネルだけはその新しいスタイルに共鳴し、心震わせていた。

それから7年後。シャネル(アナ・ムグラリス)はオートクチュールの世界で認められ、富も名声も自分の手で掴みとっていながら、最愛の男アーサー“ボーイ”カペルを事故で亡くし、悲しみの中にいた。そんな時、家族と共にパリで苦しい亡命生活を送っていたストラヴィンスキーと出会う。彼の才能に惚れ込み、自分の別荘に彼と家族を滞在させ、経済的援助を申し出るシャネルだった・・・。

「モードは移り変わっても、スタイルは永遠」と語っていたココ・シャネルの“スタイル”を忠実に再現するため、本作ではシャネルのメゾンと、シャネルの遺志を継ぐデザイナー、カール・ラガーフェルドの全面的な協力を得て製作。

冒頭『春の祭典』のシーンはドミニク・ブランによる振り付け、指揮者であるジェローム・ピルマンによる指揮。音源はサイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏の音源を使用している。

音楽を題材にした映画‐ノンフィクション一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【グレートワルツ(1938)】-音楽を題材にしたノンフィクション映画

  2. 【愛の調べ(1947)】-音楽を題材にしたノンフィクション映画

  3. 音楽を題材にした洋画-フィクション一覧

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!