【敬愛なるベートーヴェン(2006)】‐音楽を題材にしたノンフィクション映画

  1. 敬愛なるベートーヴェン

[監督]アグニエシュカ・ホランド
[原題]Copying Beethoven
[脚本]クリストファー・ウィルキンソン/スティーヴン・リヴェル
[製作]クリストファー・ウィルキンソン/シドニー・キンメル/マイケル・テイラー/スティーヴン・リヴェル
[撮影]アシュレイ・ロウ
[美術]キャロライン・エイミーズ
[衣装]ジャイニー・テマイム
[出演]エド・ハリス/ダイアン・クルーガー
[製作年]2006年
[製作国]イギリス・ハンガリー
[上映時間]104分
[ジャンル]ノンフィクション


敬愛なるベートーベン [DVD]

交響曲第9番の誕生を背景に、孤独な楽聖ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと写譜師の女性アンナ(架空の人物)の交流を描く。

1824年のウィーン。“第九”の初演を4日後に控えたベートーべン(エド・ハリス)は音楽学校にコピスト(写譜師)として一番優秀な生徒を依頼していた。やってきたのは若い女性アンナ(ダイアン・クルーガー)。期待に反して女性がやってきたことに憤るベートーべンだったが、作曲家を志す彼女の才能を認め、アンナは彼の作曲を支える存在となる。

そして、「交響曲第九番初演の日、耳の聞こえぬ恐怖を抱えたまま、オーケストラを指揮するために、ベートーヴェンはケルントナートーア劇場の舞台に立つ・・・。

音楽を題材にした映画‐ノンフィクション一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【アマデウス(1984)】‐音楽を題材にしたノンフィクション映画

  2. 【モーツアルトの恋(1942)】-音楽を題材にしたノンフィクション映画

  3. 【ラフマニノフ ある愛の調べ(2003)】‐音楽を題材にしたノンフィクション映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!