【ベルリン・フィルと子どもたち(2004)】-音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

クラシック音楽情報【音楽映画-ドキュメンタリー】

ベルリン・フィルと子どもたち

[監督]トマス・グルベ / エンリケ・サンチェス・ランチ
[原題]Rhythm is It!
[製作]ウヴェ・ディレクス/トマス・グルベ/アンドレア・ティロ
[出演]サイモン・ラトル/ロイストン・マルドゥーム/スザンナ・ブロウトン
[製作年]2004年
[製作国]ドイツ
[上映時間]105分
[ジャンル]ドラマ


ベルリン・フィルと子どもたち スタンダード・エディション [DVD]

“子供たちにもっとクラシックの楽しさを感じて欲しい”とのサイモン・ラトルの呼びかけにより発足した教育プロジェクト。
世界最高のオーケストラ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と、25か国250名の子どもたちによるプロジェクトを記録したドキュメンタリー。

2003年1月28日、ベルリン郊外のトレプタウの工業地域の川沿いのバス倉庫跡に建設されたベルリン・アリーナで、ストラヴィンスキーの『春の祭典』を踊ることに。
イギリス人の振付家ロイストン・マルドゥームと首席指揮者に選ばれたサー・サイモン・ラトル率いるベルリン・フィルのもと、6週間にわたり猛練習をかさね、本番に臨む。
マルドゥームと彼の助手スザンナ・ブロウトン、そしてフォルカー・アイゼナハの情熱的で愛情ある指導と、ベルリン・フィルのリハーサル風景と子供たち成長の姿がおさめられている。

音楽を題材にした映画‐ドキュメンタリー一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 音楽を題材にした映画 – ドキュメンタリー16作品一覧

  2. 【帝国オーケストラ(2007)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

  3. 【チェリビダッケの庭(1996)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!