【ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る(2014)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

クラシック音楽情報【音楽映画-ドキュメンタリー】

ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る

[監督]エディ・ホニグマン
[原題]Om de wereld in 50 concerten
[出演]マリス・ヤンソンス
マルセロ・ポンセ / アリス・マコラネ / ポルティア・マコラネ / ミシェル・マソテ / セルゲイ・ボグダーノフ
[編集]ダニエル・ダニエル
[撮影]フート・ヒルテイ
[製作]カルメン・コボス / ケース・ライニンクス
[製作年]2014年
[製作国]オランダ
[上映時間]98分
[ジャンル] ドキュメンタリー


ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る

ベルリン・フィル、ウィーン・フィルとともに世界3大オーケストラのひとつに数えられるオランダのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(RCO)の活動を追った、RCO初の公式記録ドキュメンタリー映画。
2013年、創立125周年を記念して1年で50公演をおこなうという世界一周のワールドツアーに密着。
楽団員たちは世界中の人々や文化と触れあい、音楽の限りない力を再認識する彼らの素顔を収める。
監督は「アンダーグラウンド・オーケストラ」のエディ・ホニグマン。

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【チェリビダッケの庭(1996)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

  2. 【ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて(2008年)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

  3. 【グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独(2009)】-音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!