【アルゲリッチ 私こそ、音楽!(2012)】-音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

クラシック音楽情報【音楽映画-ドキュメンタリー】

アルゲリッチ 私こそ、音楽!

[監督]ステファニー・アルゲリッチ
[原題]Argerich
[製作]ピエール=オリビエ・バルデ / リュック・ピーター
[撮影]ステファニー・アルゲリッチ/リュック・ピーター
[出演]マルタ・アルゲリッチ / スティーブン・コバセビッチ / シャルル・デュトワ / リダ・チェン / アニー・デュトワ
[製作年]2012年
[製作国]フランス・スイス
[上映時間]96分
[ジャンル]ドキュメンタリー


アルゲリッチ 私こそ、音楽!

世界的ピアニスト マルタ・アルゲリッチの素顔に迫るドキュメンタリー。
1941年、アルゼンチンで生まれスイスで育った、子どもの頃から非凡な才能を発揮し、12歳でウィーンへ留学。16歳にして数日間のうちに2つのコンクールで優勝を飾り、24歳一児の母として、ワルシャワのショパン国際ピアノコンクールで優勝。実力、人気共に世界一流のピアニストである。
三人の娘たちはそれぞれ父親が違う。この作品では実娘のステファニー・アルゲリッチが監督を務め、娘の視点から、知られざるマルタの姿を映し出していく。

音楽を題材にした映画‐ドキュメンタリー一覧は こちら

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 「グレン・グールド27歳の記憶(1959)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

  2. 【トスカの接吻(1984)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

  3. 【ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る(2014)】‐音楽を題材にしたドキュメンタリー映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!