【わが愛の譜(うた)滝廉太郎物語 (1993)】 -音楽を題材にした映画

わが愛の譜(うた) 滝廉太郎物語

[監督]澤井 信一郎
[原作]郷原 宏
[製作]高岩 淡、漆戸 靖治
[脚本]宮崎 晃、伊藤 亮爾、澤井 信一郎
[音楽]佐藤 勝
[撮影]木村 大作
[出演] 風間 トオル, 鷲尾 いさ子, 藤谷 美紀, 浅野 ゆう子、佐藤 しのぶ
[ジャンル]伝記
[上映時間]125分


わが愛の譜 滝廉太郎物語

明治28年、生来の身体の弱かった滝廉太郎(風間トオル)は東京音楽学校を休学して療養のため故郷の大分県竹田に呼び戻された。彼の世話をする女中芙美(藤谷美紀)の廉太郎に対する淡い思い。
復学した廉太郎は新しい唱歌運動のために『花』から始まる組歌『四季』を作曲するなどその才能を開花させていく。そんな廉太郎に惹かれる中野ユキ(鷲尾いさ子)国費留学生に選ばれドイツへ留学。
遅れて明治34年、廉太郎もライプツィヒ音楽院へ国費留学を果たす。二人はドイツで再会し、ともに実力の乏しさを感じながら協力してベートーベン『熱情』の譜面へと向かう。
胸の病が再発した廉太郎は、日本へ帰国し、病と戦いながらユキに捧げるピアノ曲『憾うらみ』を書きあげるが、23歳10ヶ月という若さで、彼は世を去るのだった。

廉太郎没後九十年を機に、本格的なドイツ・ロケを交えて作られ、劇中には滝廉太郎の代表曲やシューマン、ベートーベンらの名曲が挿入され、三浦環役で佐藤しのぶが出演している

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 【ザ・テノール(2014)】- 音楽を題材にした映画

  2. 音楽を題材にした映画(邦画)vol.1

  3. 【羊と鋼の森(2018)】- 音楽を題材にした映画

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!