8月22日1862年【C.ドビュッシー】

クラシック音楽情報LuckOn

音楽家の誕生日 一覧

クロード・アシル・ドビュッシー
Claude Achille Debussy

Claude Debussy ca 1908, foto av Félix Nadar.jpg

[ 作曲家 / フランス ]
1862年8月22日-1918年3月25日 55歳没
伝統的な和声理論にとらわれない独自の手法で音の色彩を追究し、絵画史上の概念から借りた印象主義と呼ばれる、20世紀を先導する作曲家

生涯

1862年 パリ西郊約20キロの町サン=ジェルマン=アン=レで陶器商を営む父と裁縫師の母のもとに生まれる。
(現在、生家はドビュッシー博物館となっている)
1867年5歳 パリに移る。
1871年9歳 ショパンの弟子であったモーテ夫人のレッスンを受ける。彼の才能を見抜いた夫人は無償でレッスンををし、ショパンについても多くのことを教え、後(1915年)に、ドビュッシーはショパン『練習曲集』を校訂する。
1872年10歳 パリ音楽院のピアノ科に入学。卒業に必要な一等賞がピアノ科で取れず、二等賞であったためピアニストの道をあきらめる。
1880年18歳 伴奏科で一等賞を得る。
1882年20歳 歌曲『星の輝く夜』を出版。

1884年22歳 3度目の挑戦でローマ大賞を受賞し、その副賞としてローマ留学するが、予定より早く留学を切り上げ1887年にパリへ戻る。
パリでは芸術家の集うカフェ「黒猫」に出入りするなど前衛的文学に触れ、ヴェルレーヌやマラルメの詩にもとづく歌曲を作曲した。

1889年1月 国民音楽協会に入会し、エルネスト・ショーソン(1855-1899)ら新たな人脈と発表の場を得、6月のパリ万国博覧会でジャワ音楽ガムランを聴き、2度目に訪れたバイロイト音楽祭ではアンチ・ワグネリアンを主張するようになるなど、人や文化の多大な影響を受けて転機となる1年となった。
1893年4月30歳 カンタータ『選ばれた乙女』、同年『弦楽四重奏曲』、1894年『牧神の午後への前奏曲』などの初演が高い評価を得る。

1902年40歳 オペラ『ペレアスとメリザンド』初演が大成功をおさめ、一流作曲家として認められるようになる。

『ペレアスとメリザンドPelléas et Mélisande 』

1904年42歳 作曲の弟子ラウール・バルダックの母エンマと駆け落ちし、以降妻のもとには戻らなかったことから、友人の多くはドビュッシーのもとを去った。
1905年10月43歳 印象主義音楽および近代音楽を代表する作品、交響詩『海』初演。ピアノ曲集『映像 第1集』を発表し、新たな境地を見せる。

『海 La Mer』

1908年 『子供の領分』作曲し刊行される。妻と離婚し、エンマとの間に誕生した娘クロード=エンマ(愛称シュシュ)に捧げられている。

『子供の領分 Children’s Corner』
ピアノ:A.ミケランジェリ(1920–1995)

1910年代には『前奏曲集第1巻・2巻』『12の練習曲』『白と黒で』など、20世紀前半のピアノ音楽で重要な作品が生まれる。
1914年7月51歳 第1次世界大戦勃発。大腸癌を発病。
1917年7月54歳 『ヴァイオリン・ソナタ』を療養地サン=ジャン=ド=リューズでの再演が、ドビュッシー最後の公開演奏となった。
1918年 年初から床を離れられなくなり3月25日55歳で亡くなる。パッシーの墓地に眠る。


ドビュッシー:交響詩「海」、牧神の午後への前奏曲、夜想曲


Debussy: The Complete Works


ドビュッシーとの散歩 (中公文庫)

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 9月26日1877年【A.コルトー】

  2. 3月10日1892年【A.オネゲル】

  3. 7月23日1838年【E.コロンヌ】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!