8月18日1750年【A.サリエリ】

クラシック音楽情報

音楽家の誕生日 一覧

アントニオ・サリエリ
Antonio Salieri

Antonio Salieri painted by Joseph Willibrord Mähler.jpg

[ 作曲家・教育家 / イタリア ]
1750年8月18日-1825年5月7日 74歳没
ヨーロッパ楽壇の頂点に立ち、オペラ作曲家として人気を博した。
教育家として、ベートーヴェン(1770-1827)、シューベルト(1797-1828)、リスト(1811-1886)、ツェルニー(1791-1857)、フンメル(1778-1837)、モシェレス(1794-1870)らを育てた。
長くその名はわすれられていたが、映画「アマデウス」(1984)でモーツアルト(1756-1791)に嫉妬する主人公の音楽家としてその名が再び知られるようになった。

生涯

1750年 イタリアのヴェローナ郊外に生まれる。
幼少からチェンバロ、声楽、ヴァイオリンの音楽教育を受けた。
両親を失い、音楽の勉強をするためにヴェネツィアに移住。
1766年16歳 ウィーン楽壇の大物フローリアン・レオポルド・ガスマンに見いだされ、ウィーンへ移住し対位法、演奏技法を学ぶ。

『ピアノ協奏曲 ハ長調』(1773)

1774年24歳 ヨーゼフ2世の宮廷作曲家兼イタリアオペラの作曲家になる。オペラ作品は人気を博し名声が高まる。
1778年 2年前に焼失したミラノ・スカラ座2代目劇場杮落し公演にサリエリが作作曲した『見出されたエウローパ』が上演される。イタリアオペラだけでなく、室内楽や宗教音楽において高い名声を得た。
1787年37歳 最高傑作といわれるオペラ『タラール』を作曲。

『タラール』より

1788年38歳 モーツアルト(1756-1791)をさしおいてウィーンの音楽家最高の地位である宮廷楽長に任命され、亡くなる直前の1824年までその地位にあった。
1793年1月2日42歳 モーツアルトの葬儀に参列し、遺作『レクイエム』初演の指揮を行う。映画「アマデウス」の印象とは違い、彼の才能を高く評価していた。

1817年67歳 ウィーン楽友協会音楽院の指導者に就任し、ニューイヤーコンサートで有名なウィーン楽友協会の黄金ホールの設計、特に空間性、音響効果の設計にも携わった。(現在の建物は1870年竣工)

18世紀末まではオペラの作曲家として活躍し、40曲に及ぶオペラ、ミサ、オラトリオ、わずかの器楽曲を残したが、音楽の指導に専念するようになり、ベートーヴェンをはじめ、多くの音楽家を育てた。ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタの幾つかは、サリエリに捧げられている。

才能のある弟子への生活に経済支援や、音楽家やその遺族の為に互助会を組織したり慈善コンサートを行うなど、慈善活動に熱心だった。

1823年73歳 老衰のためにウィーン総合病院に入院。その頃サリエリが、1791に亡くなったモーツァルトを毒殺したという噂がまことしやかに流れていたが、見舞いに訪れた弟子のモシェレス(1794-1870)に涙ながらに自分の無実を訴えたと言われる。
1825年5月7日 74歳で死去。ウイーン中央墓地に眠る。

ローマ生まれのソプラノ歌手チェチーリア・バルトリによるサリエリ作品アルバム

サリエリ・アルバム

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 10月14日1952年【K.サーリアホ】

  2. 1月14日1943年【M.ヤンソンス】

  3. 2月25日1873年【E.カルーソ―】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!