8月16日1863年【G.ピエルネ】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

アンリ・コンスタン・ガブリエル・ピエルネ
Henri Constant Gabriel Pierné

ガブリエル・ピエルネ

[ 作曲家・指揮者・オルガニスト / フランス ]
1863年8月16日-1937年7月17日 73歳没

生涯

1863年 ロレーヌ地方のメス(メッツ)に、メス音楽院の声楽科教師の父とピアノ教師の母のもとに生まれる。
1870年7歳 普仏戦争時にドイツに併合されたことにより、家族でパリに移住。
1880年17歳 パリ音楽院に入学しマスネ(1842-1912)に作曲と対位法、C.フランク(1822-1890)にオルガンを師事し、フランス音楽の神髄を学ぶ。
1882年19歳 カンタータ『エディットEdith』でローマ大賞を受賞。
1890年27歳 フランクが没し、その後任としてサント=クロティルド教会のオルガニストを1898年まで務めた。
1903年40歳 コロンヌ管弦楽団の副指揮者となり、1910年から34年まで常任指揮者を務める。その間、ドビュッシー『イベリア』『映像』『遊戯』『ビリティスの歌』『カンマ』、ラヴェル『海上の小舟』『ツィガーヌ』『ダフニスとクロエ』、ルーセル『春の祭典のために』、ストラヴィンスキー『火の鳥』、ミヨーの作品など初演。 作曲家としての代表作はバレエ音楽『シダリーズと牧羊神』『鉛の兵、隊の行進曲』。

バレエ音楽『シダリーズと牧羊神』


ピエルネ:「シダリーズと牧羊神」第1&第2組曲 他

1937年 フランス最西部フィニステール県プルジャンにて73歳で亡くなる。

クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 7月12日1934年【V.クライバーン】

  2. 1月6日1872年【A.スクリャービン】

  3. 11月10日1668年【F.クープラン】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!