8月14日1960年【サラ・ブライトマン】

クラシック音楽情報
音楽家の誕生日 一覧

サラ・ブライトマン
Sarah Brightman

[ ソプラノ / イギリス ]
1960年8月14日 –
アメリカビルボード・チャートのクラシック音楽部門とダンス音楽部門で同時に1位を獲得した唯一の歌手。


感動のヴォーチェ~サラ・ブライトマン・ビューティフル・ソングス

経歴

1960年 ハートフォードシャー州バーカムステッドに生まれる。
1971年11歳 ジャズと演技を学びはじめる。
1973年13歳 ピカデリー・シアターのミュージカルにデビュー。
1976年16歳 ダンス・グループ「パンズ・ピープル」に加入し、1年後には「ホット・ゴシップ」に移る。
1981年21歳 新作ミュージカル『キャッツ』のオーディションに合格し、その後もアンドルー・ロイド・ウェバーのミュージカルに数多く出演。
1984年24歳 ウェバーと結婚。
1986年26歳『オペラ座の怪人』で、彼女のために作られた役クリスティーヌ・ダーエを演じ大成功となる。
1990年30歳 ウェバーと離婚。以後はソロ歌手として活動する。

1991年31歳 「第42回NHK紅白歌合戦」に出演。
1992年32歳 バルセロナオリンピックの閉会式で、スペインのオペラ歌手ホセ・カレーラスとのデュエットで大会の公式テーマ曲『アミーゴス・パラ・シエンプレ』を歌った。
1995年35歳 アルバム『Fly』の収録曲「クエスチョン・オブ・オナー」は世界的なヒットとなり、トヨタ・マークXのCM曲に使用され、テレビ朝日ではサッカー・日本代表戦の中継や関連ニュースの際、テーマ曲として現在も使用している。
1996年36歳 アンドレア・ボチェッリとのデュエット『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』が世界的ヒットとなった。

2009年49歳 映画『アマルフィ 女神の報酬』に本人役で出演。

3オクターヴに及ぶ声域をもち、最高音はF6。
ポップス、ロックとクラシック音楽を融合させ、アルバム収録曲はヘンデルやプッチーニのオペラ・アリアからカンサスやプロコル・ハルムの楽曲まで幅広い。

2018年12月31日58歳 「第69回NHK紅白歌合戦」に27年ぶり二度目の出演をしYOSHIKIと競演。


クラシック音楽情報LuckOn

関連記事

  1. 9月7日1965年【A.ゲオルギュー】

  2. 8月18日1750年【A.サリエリ】

  3. 9月27日1880年【J.ティボー】

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!