音楽を題材にした漫画(2010年~)

2010年以降に発表された音楽漫画2作品

(数字は雑誌に初掲載された年)

音楽漫画リストはこちら
1960~70年代の音楽漫画はこちら
1980年代の音楽漫画はこちら
1990年代の音楽漫画はこちら
2000年代の音楽漫画はこちら

少年ノート:鎌谷悠希(2010)


少年ノート(1) (モーニングコミックス)

[コミックス全8巻]
天使の声ボーイソプラノを持つ少年、蒼井由多香(あおい・ゆたか)。泣き虫だけれど音に対して繊細で感受性豊かな彼は、中学校入学と同時に合唱部へ入部。彼の声に触発されて、部員たちはコンクール金賞を目指す。少年少女がときに戯れ、ときにぶつかり合いながら響かせる、失われゆく日々のハーモニー。

四月は君の嘘:新川直司(2011)


四月は君の嘘(1) (月刊少年マガジンコミックス)

[コミックス全11巻]
[2013年講談社漫画賞少年部門受賞]

神童と呼ばれたピアニスト有馬公生は、母の死をきっかけにピアノの音が聞こえなくなり、ピアノを弾かなくなった。そんなある日、満開の桜の下でバイオリンを奏でる宮園かをりの演奏を聴き、母の死以後モノトーンに見えていた世界が彩られていくことを感じる公生。桜の花びら、音楽、そして嘘。胸を打つ青春ラブストーリー。
2014~2015年には2クールでテレビアニメ化され、2016年実写映画が公開。

四月は君の嘘 DVD 通常版

[監督]新城毅彦[出演]広瀬すず、山﨑賢人

 

関連記事

  1. 音楽を題材にした漫画一覧(30作品)

  2. 音楽を題材にした漫画(1980年代)

  3. 音楽を題材にした漫画(1990年代)

にほんブログ村 クラシックブログへ

error: Content is protected !!